血液サラサラ生活

|MC-FANが普及して血液サラサラ検査が手軽になりました。

血液サラサラ検査


sponsored link

血液の流動性を調べる血液サラサラ検査は「MC-FAN」という観測機器を使います。


MC-FANは全国的に普及しているので簡単に受けることができるようになっています。


血液サラサラ検査に使うMC-FANという機器は、模擬した人工の毛細血管に流れる血液を直接顕微鏡で観察・記録が出来る測定機器です。


主に腕からごく少量(5cc)の血液を採るだけで良く、約1時間半で測定が終わるのでその日の内に検査と結果がわかります。


血液の流動性をMC-FANで測定すると、血液のサラサラ度のほかにその人の健康状態もわかります。


毎日の食生活のバランスや酒やタバコの量、睡眠が足りているか、イライラしていないかストレスの度合いにより、白血球の流れが悪くなったり赤血球の膜の質が低下したり、また血小板が凝集して血液がドロドロになります。


さらに慣れた医者が見ると、糖尿病や脂肪肝、高脂血症などの生活習慣病もそれぞれ異なる流れ方をするので血液サラサラ検査でわかります。


血液の流れはその日の生活でサラサラにもドロドロにもなります。


MC-FAN検査の前日に夜更かししたり強いストレスを受けるだけで直ぐにザラザラしたりドロドロしたりします。


血液サラサラ検査を受けるだけで、毎日の健康に何が足りないのかわかってきます。


例えば喫煙者やストレスの多い生活をしていると白血球がベタベタしてきたり、赤血球の膜が硬そうだと魚をあまり食べない、赤血球がネバネバだと血糖値が高いなどです。


血液サラサラ検査を受けて毎日を健康に過ごしましょう。


⇒自宅で血液検査ができる血液検査キットはこちら。生活習慣病やエイズなどの感染症、ガンでさえ、いつでも簡単にチェックできます。



[スポンサードリンク]