血液サラサラ生活

|健康維持には野菜は不可欠で、血液サラサラ効果もあります。

野菜で血液サラサラ


sponsored link

野菜を食べることによる血液サラサラ効果は、様々な血液サラサラ成分によるものです。


主に緑黄色野菜血液サラサラ成分は多く含まれています。


ネギ類に含まれる硫化アリル・アリシンは血液中の悪玉コレステロールが増加するのを防ぎ、たまねぎ特有のぷら人は血小板の凝集を抑えます。


トマトに含まれる赤い色素成分リコピンには抗酸化作用があり、高血圧などの生活習慣病やガンを予防します。


ブロッコリーはビタミンCが緑黄色野菜の中でもトップクラスで、他にβ-カロテンやポリフェノールが豊富で抗酸化作用が非常に期待できます。


にんじんはβ-カロテンをもっとも多く含み、抗酸化作用と造血作用があります。


キャベツには特有のビタミン様物質ビタミンUが含まれ胃腸の粘膜を丈夫にし、肝臓に余分な脂肪がつく脂肪肝を予防します。またビタミンCも豊富です。


山芋も血液サラサラ効果に優れています。山芋に含まれるコリンやサポニン、ムチンなどが血糖値を正常にして糖尿病を予防し、血液中の脂質の酸化を予防します。


緑黄色野菜血液サラサラ効果がとても期待できる人は、ストレスが多い人や喫煙者です。


ストレスが多い生活をしていたりタバコを吸っていると体内で活性酸素が大量に発生します。


活性酸素が増えると白血球が不良化しベタベタするようになり、血液の流れが悪くなります。


活性酸素を防ぐのが抗酸化ビタミンのビタミンCやビタミンE、ビタミンA、ポリフェノールなどです。


緑黄色野菜にはビタミンCや体内でビタミンAに変わるβ-カロテン、ポリフェノールが豊富に含まれています。


緑黄色野菜を食べて血液サラサラにしましょう。

[スポンサードリンク]