血液サラサラ生活

|血液クレンジングのオゾン療法で血液サラサラにすることはできます。

オゾン療法で血液サラサラ


sponsored link

血液をサラサラにする方法としてオゾン療法があります。


オゾン療法とは血液クレンジングの一種で、採取した血液に一定量のオゾンガスを混ぜ、血液を体内に点滴で戻しドロドロした血液をサラサラにする方法です。


このオゾン療法はイギリスのエリザベス女王の母クィーンマムが行っていたことで有名です。


血液に医療用のオゾンを注入することにより赤血球の酸素運搬能力が改善し、白血球が活性化し、血小板の血液凝集を抑制し、血液サラサラになります。


活性酸素を除去する効果もオゾン療法にあるのでアンチエイジング効果も期待できます。


大病も無く長生きをしたエリザベス女王の母親はこのオゾン療法を週に2回受けていたそうです。


オゾン療法が進んでいるヨーロッパなどでは、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の治療に用いられている他、B型・C型肝炎やHIVのウイルスの増殖を抑えるためにも用いられています。


他には慢性腎不全や呼吸器疾患、糖尿病やガン治療にもオゾン療法は適用されています。


オゾン療法はアンチエイジングの血液サラサラ効果があるので、できれば定期的に週数回行うのが望ましいですが、保険適用外なのでお金がかかるデメリットがあります。


血液クレンジングのオゾン療法の値段は1回2万円〜3万円くらいです。

[スポンサードリンク]